あのポツポツイボがなければもっと若く見えるのに...

イボについての情報を
知ることで自分にあるイボの治療の
予備知識として対策を!

正しい判断は自分ではできませんので
あくまでにこちらの情報を参考にして頂きもし
心配な方は、病院に行き専門医に相談することを
おすすめします。

実はイボと言ってもたくさんの種類があり
自分でどのイボなのか見分けがつきにくいです。

ここでは、女性にできやすいイボについて
調べてありますのでご参考に!

9858e5dcef4b0f72b4aaa3bcafa3546b_l.jpg


鏡をよく見るとポツポツしたものが....
やっかいな顔にできるイボの発生原因とは?

大きく分けて3つの要因が感がらえます。

①ウイルス性のイボ

単純に顔を手で触れることでできるイボ
ウイルス性のイボです。

人の手には多くの菌やウイルスがいます。
手洗いをしっかり行わずに傷口に触れることで
できるイボです。特に治りかけの時に触れてします
ことが多いようですので要注意です。

もし顔にイボができても絶対に触らないようにして
ください。広がる可能性が高いので気になるかも
しれませんが、良いことはありません!

②免疫力の低下によるイボ

過度の疲労やストレスによる免疫力でなる
イボがあります。
このイボの原因はウイルス性のヒトパピローマウイルスです
実は、体内に入り込んでも健康な方でしたら症状がでないんですが
免疫力が低下しているとこのウイルスが
原因でイボができてしまうんです。

やっかいなことに顔の皮膚は特に薄いため
このイボができやすいんです。
健康管理もお肌にとっても非常に大切な要素ですね。


③紫外線によるイボ

専門用語で言う、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)
なるイボがあります。年齢ともに現れますが若い方でもなる可能性があります。
このイボは紫外線を良く浴びる方にできやすいイボです。

紫外線を浴びると皮ふを守る為にでる色素
メラニン色素がありますこの色素が原因でイボができてしまうんです。

普通の場合はこのメラニン色素は皮膚に蓄積されずに新陳代謝で外に排出
されるのですが、この代謝がうまくいかない場合や極端に紫外線の量を
日頃から浴びてる方は要注意です。

年齢ともに新陳代謝が悪くなることや若いときに紫外線対策をしなかった
方はこの老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)が発生しやすいと
考えられます。

また、お肌のメンテナンスをほとんどしない方も注意が必要です。
特に乾燥肌は紫外線の影響が受けやすくメラニン色素が
大量に発生しやすいです。
乾燥肌を防いでお肌を正常な状態にキープすることで
イボの発生を防ぎましょう!


もしもイボを見つけてしまったら
治療はありますので慌てないでください。

レーザー治療や液体窒素など専門医の相談を
受けるような治療法もありますので
ご自身のイボの軽度によって選択したほうが良いでしょう。

ここでは、ゆっくり効果があらわれ自然の力でイボと戦う
【ヨクイニン】をご紹介します。

ハトムギの実の成分なんですが古来よりその効能が
期待できると言われています。

皮ふに溜まっている老廃物などを排出してくれる効果により
イボによく効くと言われています。

ただ、難点はウイルス性のイボに関しては効果がないので
注意が必要です。

イボの対応で絶対してダメなのが
自分で切ったりして取ろうすることです!

傷口からウイルスが入り込んだりして
広がる可能性があります、さらに症状が悪化します。
また、傷も残りやすいので後悔だけが残りますよ...

イボで悩んでいるあなたに強い味方をご紹介しますので
気になる方はチェックしてみてくださいね。

首周りのポツポツ対策用の美容ジェルクリーム【シルキースワン】の効果について




首や顔のイボ・ツブツブはもうイヤ..1日3分の習慣で解決!の効果について




ハトムギエキスを配合した軟膏クリームでイボ退治!!の効果について